披露宴の前撮り和装の写真を使って、和の年賀状に結婚報告を記載しました。

挙式を晩秋の頃に行いました。
ちょうど年賀状の準備が始まる時期だったこともあって、結婚報告の年賀状にすることは式の準備段階で決めておきました。
披露宴には思ったより費用がかかってしまい、出来るだけ安く、自分たちで出来る部分は外注せずに作業しようと思っていましたので、手作りの年賀状にしました。

結婚披露宴ではウエディングドレスとお色直しのカラードレスを着用しました。その披露宴の3週間くらい前に、和装での結婚写真を式場で撮影していましたので、年賀状には和装の写真を使うことにしました。
ちょうどお正月ですし、和装の方が合うのではという気もしましたし、やはり和装の方が格調が高いように感じていたからです。

写真をスキャンして、自分でパソコンで編集しましたので、費用も手間もそんなにかかりませんでした。
ただ、一つ最後まで迷ったのが、和装の際につの隠しをつけたものを年賀用に使うか、つの隠しなしでかんざしを見せる方が良いか、この点を悩みました。
受け取る方はどうでもいいような事なんですが、わたしは見た目には花嫁の頭にあの白いつの隠しがあった方が所謂お嫁さんというイメージがあったのですが、式場の方にこれは移動の際に使うものなので正式な装いはかんざしです、とやけに力説されてしまったため、家族全員がつの隠しにダメだしをし始めました。

もめたくなかったので、皆の言うとおりにかんざしの写真にしましたが、今でもやっぱりつの隠しの写真にすれば良かったのになと思うことがあります。

結婚報告を兼ねて作成した年賀状について(キタムラカメラ)

私が結婚報告を兼ねて作成した年賀状で気をつけたことはいくつかありました。
その気を付けたことをお話します。

まず、私はいつも家でパソコンを使って年賀状を作ることが多いのですが、結婚報告の時は「キタムラカメラ」さんで注文して作りました。
家でも充分キレイに印刷することも可能ですが、注文した方が画質も全て同じでキレイに仕上がりますし、貰って嬉しいと思いました。

発注過程で気を付けたのは「早めに注文すること」と「色んな立場の人に送るから、写真はシンプルなものにすること」でした。

カメラ屋さんに頼むと、大体2週間程かかってしまうので、この点は気を付けました。
そして、年賀状を送る人には「職場の人・家庭がある人・独身の人」等様々なパターンの人がいるので、どの人が見ても感じの良い年賀状を、と思って写真はシンプルなものを2つ使いました。

完成した年賀状は、イメージに近いものに仕上がることが出来たので大満足です。
私個人の意見ですが、結婚報告等の大事なイベントの時の年賀状は、カメラ屋さんで注文したりしたもののがキレイに仕上がり、満足度も高いと思います。

結婚報告年賀状と言えども、基本はシンプルな構成でわかりやすく!

私は結婚報告の年賀状を作成するにあたってまずしたことは、年賀状作成のための雑誌の購入です。
サンプルがたくさん入っているCD-ROM付きのもの。
よくその年専用の干支のものがあったりしますが、毎年買うのもなーと思ったのでどの年でも対応できるものにしました。

そしてもちろん結婚報告用のサンプルも豊富にあるもの。

私はそんなにごちゃごちゃしたものは好きではないので、写真は1枚だけ使うことに。
新郎新婦(私たちですが)がすっごく幸せそうに笑っている写真がいいなーと思ったので、それを上部に配置して、「私たち結婚しました」の文言を大きく。

「夫婦ともどもよろしくお願いいたします」などの定型文も入れました。

そして自宅のプリンターで印刷。
結婚式に出席してくださた方全員に刷ったので、全部で60枚程。
ハガキ用に印刷することが初めてだったので、初めは位置の調整に手こずり2~3枚無駄にしました。

全て印刷し終わったら個別にメッセージを書いて作業は完了。
あとで友人に、写真の笑顔すっごく幸せそうでいいね!と褒められたので嬉しかったです。

結婚式でのベストショットで年賀状作成

結婚報告を兼ねた年賀状作成は自宅のプリンターで行いました。
理由はズバリ、あまりコストがかからないからです。
(が、今となってはネットで注文したほうがいいのは間違いないですが・・・)

それと自作感をだしたくてオリジナル作成にいたしました。

作成に気を付けたことはあまり派手に幸せ感を出さないように心掛けました。
お送りする方の中には結婚されてない方や離婚している方もいらっしゃいますので、あまり幸せ感を大きく表現してしまうと良くないと思い気を付けるようにしました。

年賀状に張り付ける写真についてもできるだけシンプルなものを利用しました。
幸せ感を前面に打ち出す写真よりも少しニッと笑った感じの写真を選びました。
何事もほどほどが一番だと思いました。

私の場合結婚式に出席してくださった方とそうでない方との年賀状はデザインを異なるものにいたしました。
結婚式に出席した方には結婚式の雰囲気が出ているような写真。(結婚式を思い出すように)
出席されていない方には2人の写真のみ(結婚式に出席してないことを悪く感じないように)
できるだけ相手の事を考えて作成いたしました。
満足度はそこそこ良い出来ではなかったかと思っております。

自宅でゆっくり&お得にネット注文で年賀状作成

結婚した年に、その報告も兼ねた年賀状を出す事になりました。
最初はパレットプラザやカメラのキタムラ等にある、年賀状カタログを見て、お店から注文しようと思ったのです。
でも悩んで、パレットプラザのネット注文(http://www.postcardshop.jp/)で作成する事に決めました。

それを選んだのは、ネット注文の方が、お店で注文するよりも安かったからです。
パレットプラザの場合、お店で注文するとなると早割という、基本料金の割引期間に制限があります。
でもネットならばずっと割引されているので、これはいいと思いました。

ネット限定クーポンもありますし、それに写真の位置を好きなように変更したり、拡大して編集しても、その加工料はかかりません。
お店でやってもらうとその加工料が必要になりますし、何より忙しそうでなかなかお店の方に相談し辛かったので、家でやった方が楽だし安いと思いました。

送料も無料で、ネット注文でカード決済、家まで配達してくれるのでかなり楽でした。

HP上のソフトで写真、住所氏名を入力するのですが、自分て手入力するので、間違えていないか、とても慎重にやらなければなりませんでした。
それに結婚式の写真を使ったのですが、PCの画面上ではとても暗いのに、実際にプリントすると白飛びしている事もあるので、色の調整にも気を使いました。

他に気を付けた事は、上司にも送るので、なるべく浮かれている雰囲気を出さない事です。
結婚式はウェディングドレスと着物を着たので、着物の方の大人しめな厳かな雰囲気のある写真を使いました。
1画面タイプという、写真が1枚だけ入る年賀状にしておきました。

仕上がった年賀状が手元に届いた時、なかなか綺麗に出来ていて、ホッとしました。
PCでもスマホでも年賀状が作れるので、お店へ行く時間が無い時はこれが一番だなと思います。